読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アウトドアの値段です

おすすめ
厚さも鉈相応の厚さです。この商品は峰がほぼツライチ、ツバ無しなので剣鉈というより山包丁と呼ぶべきでしょうね。カタカタなるのはしょうがないです。

下記の商品です!

2017年03月03日 ランキング上位商品↑

アウトドアアウトドアナイフ 火造り鉈 『 極上 』 青紙鋼 剣鉈180mm ツバなし並鞘

詳しくはこちら b y 楽 天

いいですよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー剣鉈を初めて買いました。個体差もあるでしょうが、私の手元にきた物は箱出しではそんなに切れませんでしたが、タッチアップするように砥石で撫でてやったら剃刀の切れ味に。あとは使い込んで切れ味がどのくらい持つか見てみたい。普通だと思っていいですね。これがなければ5点評価。安くていい商品です!切れ味もなかなかです!本日受け取りました! 流石の切れ味ですね〜! 他の人のコメントにあった鞘からのはみ出しは、柄の金属部分の所にストッパー代わりにタイラップを巻き付ける事で対応! 木鞘なのでカタカタ音が出るのは鞘の中に少量のティッシュを詰める事で対応! これからのキャンプツーでガンガン使ってきますよ.〜!。物ってたいがいそうだと思いますが!結局高価なものは使用に躊躇したりして!結局は使用頻度少なく!ただの飾りや所有するだけの自己満足になりがちですが!こちらの鉈はアウトドアで躊躇なく使えそうです。思ったより軽いのも携行に邪魔にならず、良かったです。これはかなりオススメの品ですよ。管理はステンレス鋼より錆という気遣いがありますが♯5000以上でピカピカに研げば錆びにくいですよ。確かに何万円もする他メーカーの剣鉈に比べれば見かけは安っぽく感じるかも知れないけど!安いんだから文句も無い。木鞘の表装及び固定バンドは合成レザーですが価格を考えれば納得です。大変重宝しております。重さ!厚さに関しては十分です。ネットで色々なメーカー!製作者など調べましたが本製品のコストパフォーマンスがよさそうなので購入。頑丈そうで、いい感じですね。大変危険ですので改良が必要。これは確かです。自分は、狩猟での獲物締めや槍などを作るのに木を削るために購入しました。刃厚は5mmあり丈夫そう。ツバは!無くてもそんなに気にならないです。ですが、造りはしっかりしていますので、刃に砥石をあてれば新聞紙がスッと切れるようになりました。たとえ切れ味が悪くても研げばいいだけの話ですしね。あくまでも!こちらは剣鉈ですので。また!他のレヴューにもありましたが通常のアウトドア・ユースではツバなどない方が使いやすい。でも、これまでの狩猟用剣鉈とは使い勝手が違うでしょうね… そのままでは先の尖った薪割鉈です。それゆえ評価を4点にしました。切れ味が全く落ちずに何十年も使えるといった事ではないですが、白鋼などに比べると明らかに持ちがいいです。安来鋼青紙2号のこのナイフ。よく切れます。みなさんどうぞこの機会に。他の方のレビューにもありましたが砥ぎはあまいです。刃長180mmは大変使いやすい。価格も安いので!ハードに使うのに躊躇しません。安い!鍛造青鋼の刃渡180ミリでこの値段は、めったにないです。青紙2号鋼は青紙スーパー鋼より硬度は落ちますが粘りがあるのでその分刃こぼれしにくくて研ぎ角によっては鉈のような使い方も出来ます。ただ!本体を鞘に納め固定バンドを留めて!鞘を上にして持つと本体がずれ落ち刃が15mmくらいムキ出てきます。ちなみに刃厚は5mm!刃付けはベタ研ぎでした。切れ味もいいし!ケースもしっかりしていてよいそうです。軽くてお手頃な価格のものを探していて入手しました。重さもあり10mm程度の枝ならスパスパ切れます、値段も手ごろですのでアウトドアで気にせず使えますね。そして、鍛造の青鋼は耐久性にかなり優れています。 早速アウトドアでの包丁代わりに使うので包丁角度に研ぎましたが新聞紙が剃刀の刃のようにスーっと軽い音をたてて切れるのは感動です。これは!是非買いかと。探せば探すほど欲が出てきて、いつしか有名な何万円もする剣鉈しか候補にあがらなくなってきてたころ、、、こちらの商品に出合い、初購入にいたりました。切れ味をよくするには再研ぎが必要。初めての鉈購入です。(全体評価)数ある剣鉈の中でコストパフォーマンスは最高の商品であると思います。みなさん書いてあるのを見ればお分かりになるかと思いますが!個々によって切れ味などに差があるみたいですね。同じように使っては研いで、修正していけばよいのです。ツバが無いので鞘に収めている時!チョッと刃が出てしまうので何かストッパーを考えなきゃと思っています。実際に手にすると!うーむ!私にすれば!刃長が一寸足りない!柄はもう少し太く!もう少し長く!刃と柄のアングルも少しはついいる方が使い勝手が良いかな?? とはいうものの!頭に浮かんだのは愛用してている実用ナイフの雄のMORAナイフ。(商品の外観)何万円もする商品と比べればチープ感は否めませんが!全体の造りはしっかりしていて実用上は問題なさそう。あれば!あったで便利でしょうが山鉈などには基本付いてないので私は全く気になりませんでした。しかし!使っている鋼は最高級の青鋼。 剛性があり 届いたときは嬉しかった。 しかし画像の下のステンレス鋼刃渡り15cmに比べて18cmの度迫力(W)いい買い物でした。プレゼントで購入したのですが!ちょうど良い大きさで使いやすく!とても喜んでもらえました。青鋼だし汎用鉈としては及第点です。(切れ味)刃部を見ると刃がピンと立っておらず、研ぎがあまい感じで、案の定新聞紙を切ってみるとカッターナイフや剃刀のようにスーッとは切れなかった。そして、狩猟に使う訳でもなければスウェッジや片ツバなど不必要。むしろあるだけ邪魔です。ずっと剣鉈を探していました。でも!お値打ちなのは事実。で、何と言っても値段ですね。まず何と言っても、安い。特に鉈や斧とかに詳しいわけではなく、そんなにこだわりも持っていないただの素人です。以下商品の外観&切れ味の感想です。重さは!鉈としてある程度なければナイフになってしまいますね。主にキャンプ時に薪を割ることにハンマーと一緒に使っています。ベルトはハードユースには耐えられそうにないので、別途に取換用の出品を希望します。刀じゃないんだから。家庭用のダイアモンド研ぎ器で少し刃をなめてやると切れ味がかなり良くなり新聞紙もスーッと切れるようになった。鞘も問題ないです。尚ツバ無しはその分安くなりますが刃元(あご)部が研ぎ安いという利点があります。刃は十分な強度を感じさせる厚さで!全然サビも発生しません。届いた当初切れ味が悪くても!研げば問題なく切れる刃になるはずです。現にまな板の上では剣鉈よりも使いやすいです。キャンプで使用しましたが、食材の前処理、薪割りなどに活躍しました。ですので、私に届いた物の切れ味については言いません。切れ味が落ちてきたら研いで!の繰り返しで一生モノだと思います。